読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Common Lispのreplとstumpwmを同じプロセスで動かす

処理系はsbcl ;; run-stumpwm.lisp (ql:quickload :stumpwm) (defun run-stumpwm () (sb-thread:make-thread #'(lambda () (sb-thread:with-new-session () (stumpwm:stumpwm))))) (run-stumpwm) xterm -e sbcl --load run-stumpwm.lisp で起動する これでxt…

roswellからcommon lisp処理系を入れていたときのstumpwmのインストールが失敗する場合の対処

環境はubuntu 15.04 amd64とsbcl 1.2.14 configureで処理系の場所を指定する $ ./configure --with-sbcl="${HOME}/.roswell/impls/x86-64/linux/sbcl-bin/1.2.14/bin/sbcl" 生成されたMakefileを修正 LISP=ros sbcl_BUILDOPTS=-l ./make-image.lisp sbcl_INF…

stumpwmでfloating windowを使う

今のstumpwmのバージョンは0.9.8 いつからかstumpwmでfloating windowが使えるようになってた floating windowはfloating groupの中で使える gnew-floatコマンドでfloating groupを作る フレームをマウスの左ボタンで移動、右ボタンで大きさの変更が出来る …