読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

roswellからcommon lisp処理系を入れていたときのstumpwmのインストールが失敗する場合の対処

環境はubuntu 15.04 amd64sbcl 1.2.14

configureで処理系の場所を指定する

$ ./configure --with-sbcl="${HOME}/.roswell/impls/x86-64/linux/sbcl-bin/1.2.14/bin/sbcl"

生成されたMakefileを修正

LISP=ros
sbcl_BUILDOPTS=-l ./make-image.lisp
sbcl_INFOOPTS=-e "(progn (load \"load-stumpwm.lisp\") (load \"manual.lisp\"))" --eval "(progn (stumpwm::generate-manual) (sb-ext:quit))"